0
遠方の地で出会った狩人の正体はヤンデレ人狼でした
written by 霜月鷹
  • ファンタジー
  • ヤンデレ
  • 狩人
  • 人狼
公開日2022年05月11日 01:54 更新日2022年05月11日 01:54
文字数
1809文字(約 6分2秒)
推奨音声形式
指定なし
推奨演者性別
女性演者向け
演者人数
1 人
演者役柄
人狼になった狩人
視聴者役柄
想い人を探している人物
場所
危険な獣が出没する街
本編
おや……君、こんなところで何をしているのかな?
今日は外出禁止令が出されている筈……ほら、人狼じんろうが出たから建物の外に出るなって。
早く狩らないとまた被害者が増える……えっと、そんなに驚いてどうしたんだい?
人狼なんて珍しい物でもないと思うけど──ってその服装、この街じゃ見かけない雰囲気だね。
もしかして、どこか遠くから来た人なのかな?
ふーん……そっか、それなら人狼の事を知らないのも無理ないか。
君、もしかして街の人に「夜になれば良い物が見られる」って言われた?言われたんだ……全く、この街の人間って本当に良い性格してるなぁ……君、見事にだまされちゃったね。
夜に見られるものがあるとすれば得物を探して彷徨さまよう獣と、それを駆除する狩人かりゅうどだけ。
君みたいな普通の人間じゃあっという間に獣……今日だったら人狼に襲われて、アイツらのディナーになっちゃうのが関の山。
ま、君はラッキーだったね。危ない獣に出くわさずに済んだだけじゃなくて、私にも出会えたんだから。
私はこの街で狩人をやってるの、こうして出会えたのも何かの縁……よろしくね♪
ん……どうしたの、私の顔、何か付いてる?
「探してる人に似てる」……へぇ、君は人探しでこんな街まで来たんだ。
あのね、君には申し訳ないかもしれないけど……君の探してる人がこの街に来ていたとしたら、多分もう生きてないと思うの。
昔からこの街に住んでる人だったら獣をやり過ごす方法も知ってるだろうけど、そうじゃない人が建物の外で生き残るのはとっても難しいんだ。
それに獣がいなくても住人がさ……君も知ってる通り、ここって凄く閉鎖的だから。
まぁでも、こうして出会えたのも何か意味があるんだろうし……うん、君の人探しを手伝ってあげるよ。
生きてる見込みは低いけど、それならそれで何か遺品を見つけられるかもしれないし……ごめんね、こんな事しか言ってあげられなくて。

(足音)

あのさ、一つ良いかな……君はどうして、探してる人がこの街に居ると思ったの?
ここ、はっきり言って悪いイメージしかない場所だと思うけど……へぇ、手紙が届いたんだ。
それでここまで来たんだ……なんだか凄い偶然。
実は私ね、少し前に街の外に居る知り合いに向けて手紙を送ったの、だから君の探してる人ってもしかしたら私……だったりして。
まぁでも、そうだとしたら君がすぐに分かる筈だもんね……私?私は……その、多分だけど、知り合いに会ったとしてもすぐには気付けないかも。
今は帽子で隠してるけど……私、狩りの最中に頭を思いっきり攻撃されちゃったんだ。
そのせいで記憶が曖昧になって、今も傷も残ってるの……まぁ、実はそんなに気にしてないんだけどね。

さてと、私の事は一旦置いといて……君、人狼がどんな生き物か知ってる?
そうそう、普段は人間の姿をしてるけど何かの拍子に狼になっちゃう……意外と知ってるんだね。
じゃあさ……これは知ってるかな?
人狼はね、傷付けた相手を自分たちの仲間にすることが出来るの──こんなふうにね♪

ごめんね~私の爪、とっても痛いよね?
でもでも、私の事を探しに来てくれた君なら、これくらいは我慢してくれるよね?
そうだよ……君の探してる相手は私、君に手紙を送ったのも私だよ♪
人狼になった時に髪の色とか変わっちゃったし、体格も昔より良くなってるから……まぁ、君が気付けなかったのも無理はない……のかな?
ちょっと待っててね……ふぅ、やっぱり服を着るのって疲れるなぁ……こっちの格好の方が気楽でいいや。
ビックリした?君の想い人は、遠い異国の地で人間を辞めちゃってました♪
私ね、君につがいになってほしくてここまで呼んだの。
邪魔な狩人は私以外みんな死んじゃってるから、後は弱っちい人間をぜ~んぶ食べればこの街は私達の愛の巣になるの……って君、私と同じ狼になりたくないの?
そんなに歯を食いしばって……そんな事はするだけ無駄だし、大人しく私と同じになろう?
ここなら誰にも邪魔されず、思う存分に愛し合えるの……薄汚い人間を辞めて、とっても素敵な狼として生きていけるんだよ?
嫌、なんだね……そっか、それなら仕方ないや。

うふふ……狼との濃密なキス、どうだったかな?
頭の中がとろとろになって、もう色んな事がどうでも良くなってきちゃうよね……うんうん、順調に狼になってきたね♪
ほらほら、もっと自分を解放して……良い子だね、流石は私の番……とっても素敵な姿だよ。

ねぇ、君は今……お腹空いてる?そうだよね、とってもお腹空いてるよね・
ならさ、一緒に狩り……しよ?
うふふ、それじゃあどっちがいっぱい人間を食べれるか競争だね♪

番としての初めての共同作業……一緒に楽しもうね。
クレジット
・台本(ゆるボイ!)
遠方の地で出会った狩人の正体はヤンデレ人狼でした
https://twitter.com/yuru_voi

・台本制作者
霜月鷹
ライター情報
主に女性演者様向けの台本を書いてるタヌキ的な「何か」です。
有償販売利用の条件
基本的に当サイトの利用規約に準じますが、台本を使用してくださった場合はTwitterにて声がけをして頂ければ幸いです。
利用実績(最大10件)
霜月鷹 の投稿台本(最大10件)